2013年03月13日

恐れ多い昨日と残念な今日

目標体重:??kg
目標までの残り:kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:??kg
体脂肪率:33.5%
BMI:ERROR: NOT PERMITED METHOD: bmi
食事
朝食
白湯
昼食
目玉焼き 豆乳玄米ジュレ 
おやつ
トマトスープ コーヒー メープルクッキー 羅漢果茶
昨日は恒例のリハビリでした。

寒いと言う事も有りましたが
あまり歩かず無理もせず
ひたすら養生の日々で
良くなった部分が悪くならないように
そんな風に自分なりに頑張って居りました。

でも本来元来元々が動くの好きですから
ここが危ないところです。

頑張っちゃった訳じゃなくて
何となく無意識的に
しちゃいけない事したみたいで
足の調子が少々悪くなってました。

不良姿勢で行事参加と言う
おまけもついては居ましたが
結局リハビリでは状態を良くする為に
あれこれPTにして頂いたのですが
『この状態で僕の方へ足を蹴り返して下さい』とPT。

力の拮抗のバランスを摂りながら
足の施術をしているだけの事なんですが
まぁなんて恐れ多い何時もお世話に成って居る
PTの体を足で蹴り返すなんて・・・。

蹴り飛ばして行くのは
ぼんくら坊主のお尻くらいで充分です。

しかもリハビリの甲斐あって
ぼんくら坊主のお尻を蹴り飛ばす足技も
充分可能な程に足は回復して居りますし。

片足立ちは苦手なのですが
蹴り飛ばすのは両手でバランスと勢いを付けるので
これが良い具合に入るのです。

私の足の役割と言いますと
本来掃除機を足で転がしながら掛けるとか
床の邪魔な小物を足で掴んで移動するとか
まぁとにかく苦手な筈の片足立ちで
手のように器用に動いてくれていたので
足に病気を抱えて居たと判明した時は
両手をもがれた(両足ですけど)ような気分に成りました。

でも一時の具合の悪さは大分和らぎ
それもPTに因るトレーニングの賜物です。

今後は蹴り返すなんて滅相も無い指導を受けないように
自重したいと思います。

書いてはみるけど時間共に忘れるんですけどね
神経回路のリセットは3000回の反復が必要なようで
それを考えれば時折忘れても仕方ないかなんて
思いつつ。


今日はボランティアの
ウォーキング関連の集まりでした。

今年これからのウォーキング大会やら
ウォーキング教室やらの集まりで
参加協力出来る人の人選確認
そんな事でした。

新しい試みでウォーキングマップを作る
そんな事も提案されて居り
こちらは公共事業として
既に作る事は決まって居ました。

この冊子を作ると言う事にあたり
地域毎に地域のウォーキングコースに
明るい方を交えて他からも協力者が居れば
人数を募って進めたいと言う事で
私は大会会場整理や誘導などは足の事が有り無理なので
マップ制作の方へ参加希望を出しました。

しかし集まりに参加した方の中で
日本ウォーキング協会に加盟して居る方が居り
マップ作成に反対では無いが
歩く事に取り掛かれない方に
どのようにして歩く事を促して行くか
こちらの方がとても大切と言われて
私も確かに納得同感でした。

歩く事より先ず先に靴の選び方や
靴の間違った履き方をする方が多い事や
あふれんばかりにお話されたい事が
山ほど有るとお見受けして
途中で他の方が「話しの趣旨がずれてるから
        別の機会に」と
話しを折られたのでそこで終えてしまいましたが
私なんて靴の履き方なんて
身を乗り出して聞くき満々でしたので
残念でした。

確かに趣旨がずれていたのも解りますが
お話の背景にはこれまで多くの自治体や
行政関連のウォーキング冊子について
作った後にどう活用されたか?
税金を使って作成するのだから
有効活用されなければ意味が無い
そう言った意味から作成が無意味に終わり
活用度が低いと言う現状を見て来られたと言う事で
むやみに作るなと言う姿勢で居る訳では無いので
個人的にはもう少しお話を聞きたいなと思いました。

今回は市内区別に細かいマップを作る事が
目的との事なのですが
実は『県国民健康保険団体連合会』の
編集発行により冊子が平成18年から
平成22年までに5版発行されおり
県内を広く浅く網羅した冊子が有りますが
以降は刷られていないようです。

更にはもう少し区域を絞って
区別にコースを示した冊子もあり
こちらのものは先の方が役所へ出向いて
冊子作成後の活用度を作成後に
どのように精査したかと尋ねたそうですが
なんら精査されずにただ作る刷る
そんな状況だと嘆いて居られました。

私はウォーキングの集まりの時に県内版を
縁あって一冊頂いたのですが
印刷費が高くてどんどん刷れないので
何方にもどんどんお配りする事は出来ないと
そんな説明付きで頂きました。

正直その時の感想は
「お役所仕事だな」と感じました。

県内版の冊子にはアドバイザーとして
個人のお名前が掲載されているので
これまでの通例からいけば
行政で作る監修をお願いする
お願い先にお金が落ちる
そんな図式で行政の天下りで
あれこれ問題視される構図で
紙の媒体だけが刷られて「廃れて」
の繰り返しなのだと思います。

前出の日本ウォーキング協会の方は
難しく考えないで頭で歩かず
初めて歩いた時の無心の気持ちで
マップなんて無くても歩いて欲しい
そんな風な事を話されてました。

私も同様に思います。

対して歩く事も出来ない私が
『ウォーキング推進員』
笑えます。

でも病気と付き合いながらも
歩いていく事はケースにより可能ですし
加齢と肥満の影響だけなら
歩くと言う作業だけで充分に
健康な体をの維持に繋げる事が出来ると思うので
やはり多くの方に歩いて欲しい
これは私も心から願う事です。

リハビリ先のクリニックでも
膝が悪い方が沢山見えます。

そして多くの方が肥満を抱えて居られます。

更には多くの方が重くて歩けず
歩かないから更に重い
マイナスのスパイラスに嵌って居ます。

自身のポンコツの体を支えながらも
一人でも多くの方に歩いて欲しいと思い
今後もウォーキングの集まりに
参加して行きたいと思いましたし
足の状態が安定した折りには
ウォーキング教室のお手伝い要員に
是非参加したいと思って居ります。

『出来無い理由を探さない』の気持ちで。
posted by 気分はパリコレ頑張れママちゃん at 18:39| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーキング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。